君もTFGで一緒に活動しませんか?  ココではTFG(釣まん・ファン・グループ)の活動報告や大会結果・大会案内等を随時お知らせいたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2回TFG九州懇親釣り大会(磯グレ)
2


平成18年1月29日、TFG九州(釣まん・ファン・グループ・九州)の第2回懇親釣り大会(TFG九州主催)が大分県米水津で行われ、総勢33名の会員が参加した。
TFGとは釣まん・ファン・グループの略で、「釣まん製品をこよなく愛し、未来の釣り人へ和を持って釣りの楽しさを広めていこう!」
と言う同じ志を持った釣り人の集まりで、競技よりも楽しさや交流を深める事に重点を置いている。
今回はマイクロバスをレンタルし、できるだけ交通費を安く上げ、バスの中ではビンゴゲーム大会などをしながら盛り上がりワイワイ大騒ぎしながら米水津へ向かった。
それから今回はゲストに山本伸二名人を迎え「寒グロ攻略法や大分でのムキミの有効性」について講習をして頂いた。
集合場所は今回お世話になる「千代丸」が係留している小浦港で、午前2時00分から受付を開始した。
受付を済ませた会員には、オキアミ2角と釣まんから昨年秋に発売された集魚剤「フィールドグレ」が2袋、それにツケエ「とばしま専科」(M)1パックが配られた。
今回も司会進行はサブリーダーの江藤義紀さん!競技説明は競技委員長の江藤憲幸さん!そしてTFGのサブリーダー阿部さんの大会開催挨拶の後、午前3時に渡船:千代丸に乗り込み2人1組で渡礁した。
大会当日は天気にも恵まれ、黒潮の接岸と言う事もあり前々日とは打って変わって水温は18度と上がっていた!前々日までの水温が15度だっただけに好釣果が予想された!
渡礁後、各自好きな釣り座に入って夜釣りをする者、夜明けまで仮眠を取る者、釣り談義に華を咲かせる者と様々だったようだ。
今回の大会賞品は、釣まんがこの度新しく作った新ブランドの「ZEST」商品で、バッカン・水汲みバケツ・エサバケツなどが用意された。
競技方法は、グレの1尾長寸で競った。
1尾長寸だとビギナーからベテランまで全員に優勝の夢があるため全員がハンデ無し。。。
午後3時に納竿となったが、検量に持ち込まれたグレは最大で49センチで、33名中24名にグレが釣れすばらしい釣果だった!
賞品は釣まんの新ブランド「ZEST」の他に「釣具のイヴ」さんや「かわの釣具」さんから賞品を協賛して頂きました。それに渡船:千代丸の船長のご好意により、米水津特産「イワシの丸干し」2箱を協賛して頂いた。

「釣紀行」4月号でも掲載されますので、是非見て下さい(^^)V

成績は以下の通り↓

※グレ1尾の長寸で順位を決める!同寸の場合は重量で決定する!
大漁賞は25㎝以上のグレの総引数で決定する!


優 勝   オブザーバー 浜本 清憲   (49.0cm・1.95kg)
準優勝 NO.002 阿部 隆一      (46.0cm・1.55kg)
3 位   NO.003 江藤 義紀     (45.6cm・1.50kg)
4 位   NO.059 竹内 英彦     (44.0cm・1.30kg)
5 位   NO.060 川又 信昭     (43.8cm・1.45kg)
6 位   NO.066 柴田 浩      (42.0cm・1.30kg)
7 位   オブザーバー 田崎 新一   (40.8cm・1.05kg)
大漁賞 NO.001 渡部 雄二      (18匹)
スポンサーサイト
第1回TFG九州発足懇親釣り大会(波止チヌ)
1


平成17年9月25日、TFG九州(釣まん・ファン・グループ・九州)の第1回懇親釣り大会(TFG九州主催)が苅田港沖の波止で行われ、総勢38名の会員が参加した。
TFG九州とは、「釣まん製品を愛用し、未来の釣り人へ和を持って広めていこう!」と言う同じ志を持った釣り人の集まりで、競技よりも交流を深める事に重点を置いている。
今年の7月1日に発足したばかりの出来たてホヤホヤのグループではあるが、9月25日現在76名の会員で構成されている。今回はそのTFG九州を発足して初めての大会で、地元北九州はもとより、福岡や大分、広島、島根等遠くからも駆けつけた。
集合場所は今回お世話になる「釣り喜知の卓丸」そばの苅田漁協で、午前3時30分から受付を開始した。受付を済ませた会員には、集魚剤「バトルチヌS深層」「チヌの舞」各1袋と、ツケエ「とばしま専科」を1パック。それに今秋発売予定の新作ツケエが配られた。
大会開催挨拶の後、午前4時に渡船:卓丸に乗り込み新波止1番へと渡った。
今回は特に広域から集まり初めて顔を会わせる人たちばかりと言う事もあり、全員が同じ新波止1番に上がっての懇親。
2便に分けて波止に上がった後、各自好きな釣り座に入って夜釣りをする者、夜明けまで輪になって自己紹介や釣り談義に華を咲かせる者と様々だった。
今回の大会の賞品は主に、釣まんファンが集ったと言う事もあり、釣まん製品の集魚剤やライフジャケット、帽子、ワッペンなどが用意された。
競技方法は、チヌの1尾長寸で競った。
しかし、渡船:卓丸の船長のご好意により、大漁賞として25センチ以上のチヌを1番多く釣った人に卓丸無料乗船券がいただけることになった。
昼前、時折北東の風が強く吹いたものの、38名の内のほとんどの人に釣果が見られ、釣る人なんと20匹(規定サイズ外を含む)だった。
竿が曲がると大きな歓声も上がり大いに盛り上がった楽しい大会になった。

成績は以下の通り↓

優 勝   NO.66 柴田 浩    (41.0cm)
準優勝   NO.22 正喜 俊二  (38.9cm)
3 位   NO.62 竹田 貢    (38.2cm)
4 位   NO.45 折本 博和  (35.4cm)
5 位   NO. 3 江藤 義紀  (35.2cm)
6 位   NO.50 松村 直樹  (35.1cm)
7 位   NO.28 永島 俊樹  (34.5cm)
8 位   NO.16 柏木 崇    (34.2cm)
9 位   NO.32 大島 克己  (32.2cm)
大漁賞   NO. 3 江藤 義紀  (7匹)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。